さそりのブログなんです

やりたくないことは、やりたくないわ。

君は誰を喜ばせるのかな?

きのうのつづきです。
 
★   ★   ★
 
ところで、ロジカルシンキングには弱点がある。
 
ロジカルシンキングの目的とは、読み手の疑問に答えることだった。疑問は、問題を意識して初めて生じる。問題とは、現実と理想のギャップである。したがってロジカルシンキングは、理想と現実を正確に把握することから始まる。
 
だから、ロジカルシンキングは、自分の理想を知るきっかけにはなるかもしれないけれど、ロジカルシンキングの結果として、自分の究極的な理想が分かるわけではない。
 
理想すなわち価値観は、「心で決めるもの」なのである。
 
では、自分の理想や価値観は、どのようにして、「心で決まる」のだろうか?
 
それは、人への思いによって決まるのである。
 
価値観が決まる場合はふたつしかない。一つ目は、誰か他の人が考えた価値観をインストールする場合。二つ目は、自分で価値観をクリエイトする場合だ。
 
一つ目の場合では、特定の人々への信頼感によって、その人々が共有する価値観がインストールされる。自分が「この人たちいいよなあ」と思うグループがあったとする。さらにそのグループの人たちが、ある特定の価値観を共有していたとしよう。そのとき、その価値観を、あなたはインストールしたいと思うんじゃないだろうか。
 
したがって、フォロワーである場合、自分の価値観を決めるための最重要な問いは、「じぶんが付き合っていきたい人は誰か?」である。
 
二つ目の場合では、ほかの人があなたを信じることによって、価値観がつくられる。自分で新しく”価値観”を考えついたとしよう。でも、その”価値観”は、じつはそれ自体では価値観とはいえず、個人の妄想と区別がつかない。その”妄想”を、だれかほかのひとがインストールした瞬間に、それは価値観になる(よって、クリエイターは、最初のフォロワーを大切にしなければならない!)。
 
したがって、クリエイターである場合、じぶんの価値観を決めるための最重要な問いは、「じぶんが幸せにしたい人は誰か?」である。
 
 
フォロワーであることとクリエイターであることは、異なる点が多いだろう。しかし、フォロワー、クリエイター、どちらであれ、じぶんの価値観を決定する上で、「特定の人と結びつきたい」という気持ちが重要であるという点では、同じである。
 
 
よって、価値観よりも先に、「人」を考えなければならない。自分の価値観を持ちたければ、自分は誰を大切にして生きていきたいのか」を知らなければならない。
 
 
自分にとって大切な人が誰かわかれば、自分にとって大切なものもわかるはずだ。あとは、ロジカルシンキングでもなんでも使って、それを実現していけばいい。
 
 
ちなみに、ぼくはフォロワーであるよりも、クリエイターであるほうがおもしろそうだなあと思うたちだ。じぶんがつくったゲームで、ほかのひとが楽しそうに遊んでいるのを見てみたい。だから、ぼくが最初に考えなければならない問いは、「ゲームをつくって、誰に楽しんでもらいたいのか」という問いなのだろう。
 
★   ★   ★
 
今日も、さそりのブログに来てくれてありがとうございます。なんでこんなことをわざわざドヤ顔で証明したんだ、という脳内の声も、あります。笑