さそりのブログなんです

やりたくないことは、やりたくないわ。

女の子の言う「キモい」の意味が段々わかってきました。

ぼくはモテにはまだまだ程遠いのですが、だんだん「非モテがキモい」という意味がわかるようになってきました。

 

キモいやつに対して、実際にその感情を態度で表したり、そいつをいじめたりするのはだめだと思います。でも、心の中で「キモいな」と思うことは別にいいんですよね。というか、よくなかったら女の子は全員罰せられますよね。

 

ぼくはもともと非モテなので、キモい人をキモいと思うのは”差別”だ、みたいに思っていたところがちょっとあります。でも、恋愛市場に参加したら差別なんてあたりまえだし、その差別を受け入れないとモテるようにならないですよね。

 

非モテがなんで、キモいものをキモいって思っちゃだめって思ってるかって言ったら、それは、キモいという感情を持ったら、それまでの非モテ友達が友達じゃなくなっちゃうからですね(非モテの友達はだいたい非モテです)。

 

ぼくはもう非モテ友達とつるむということをしなくなったので、じぶんのモテセンサーの感度をmaxに設定しておいて、なんの問題もありません。最近は、校内を歩いてまわりを見ていて、あいつモテるなとかモテなさそうとかが分かるようになってきました。昔はやっぱりわかってなかったです。

 

ぼくは男ですけど、モテない男の人と一緒にいてもだいたいつまらないけど、モテる男の人と一緒にいると、やっぱり楽しいんですね。どうせ男と一緒にいるんだったら、モテる男と一緒にいたい。反対に、キモい人とは正直一緒にいたくないです。

 

女の子もきっとそうなんだなということが、体感としてわかるようになってきました。