さそりのブログなんです

やりたくないことは、やりたくないわ。

【お盆】孫とご飯に行くときの3つのコツ!

こんにちは! さそり(@)です。


今日は、いつもとはちがって、おじいちゃん、おばあちゃんに向けて書きます。


というか実は、ぼくのじいちゃんとばあちゃんに向けて、書いてます。笑


いまはちょうどお盆なので、普段はなれて生活している孫が、


田舎に帰ってきていて、


いっしょにご飯を食べにいく、ということもあると思います。


そこで、孫と楽しくご飯を食べたり、


孫に喜んでもらえるにはどうすればいいのか?


ということを、孫目線でお伝えしようと思うので、よかったら参考にしてみてください。

1.孫が普段行かないけど、興味があるようなお店に連れていく


こうすると、孫は非常に喜びます。


必ずしも高級なお店ではなくてかまいません。


たとえば


・大将がいるような和食屋さん

鉄板焼きのお店、

・老舗の蕎麦屋

・寿司屋


などは、


若い孫は興味があっても自分では、なかなか行けなかったりするので、


連れていくと、喜んでくれる可能性大です。

2.孫を変な生きものだと思ってインタビューする


孫はおそらく、おじいちゃんやおばあちゃんを、


人生の先輩だとは思っていません。


なぜなら、おじいちゃんやおばあちゃんの若かった頃に正しかったことが、


今の時代まったく正しくないということが


たくさんあるので、おじいちゃんおばあちゃんの意見をそのまま信じると、


正しくないことが多いからです。


たとえば、昔はただ、まじめに勉強していい学校いい会社に入れば、


よかったかもしれませんが、


今はそんな話はもはや、「神話」として語られています。


だから、おじいちゃん、おばあちゃんは、孫に対して、


逆に、変ないきものにインタビューする


ようなつもりで接するといいと思います。


「いまどんなことで悩んでいるの?」


「どんなことをしてるときが楽しい?」


「どんなものが流行っているのか?」


「おれたちの常識だとこうなんだけど、なんで若い人はこういう変な行動をとるんだ?」


聞いてみてほしいんですね。


そしたら孫は、たぶん喜んで教えてくれると思います。


そしたら、逆に、孫のほうから、インタビューされるかもしれません。

3.ご飯をごちそうすることが喜びだ、と孫に伝える


孫はじつは、じぶんとご飯に行っておじいちゃんおばあちゃんは楽しいのかな、


不安に思っています。


孫は基本的に、おじいちゃんやおばあちゃんのことが好きなもんです。


ただ、俺とごはん行ってほんとうに楽しいのかな…と思ってます。


そこで、「こうやって孫とご飯行けるのはほんまに楽しいな」


と伝えておけば、孫は「じぶんとごはん行って楽しいと言ってくれる」ことに


貢献感を感じて嬉しいですし、


「またいっしょにご飯行っておじいちゃんおばあちゃんを喜ばせよう」


と思うはずです。


基本的に孫は、おじいちゃんおばあちゃんとできるだけ仲良くいたいと


思っているわけですから、


素直に孫に「楽しいわ」と伝えておくほうがいいと思います。





以上の3つです! 


この記事を読んで、お孫さんと楽しい時間を過ごせた
おじいちゃんおばあちゃんがいたら、うれしいです。


今日もさそりのブログに来てくれてありがとうございました(^o^)