さそりのブログなんです

やりたくないことは、やりたくないわ。

だれがテレビを見ているのか?

こんにちは。さそり(@)です。


大学生のみなさん、家でテレビを見てますか?


ぼくが東京で一人暮らしをしているマンションには、そもそもテレビを置いていません。


なのでぼくがふだんテレビを見る時間は、限りなく0に近いです。


大学の友達と話をしてても、テレビは家に置いてないってよく聞くし、


あってもほぼ見ないらしいですね。


身の回りがそんなだから、テレビというのは完全にオワコンなんだと思っていたし、


ぼくだけじゃなく、大学生や若い人は「テレビ=完全にオワコン」だと、


割と思ってるんじゃないかと思います。


で、今回帰省で関西の実家に帰ったとき、ふつうにテレビが付いてたんですね。


50代前半の両親が、テレビを見るからです。


ぼくは最初は、「テレビなんか見るなよ、つまんないんだから、、」とだけ思っていたんですが、


「テレビってもしかして、上の世代だと、まだ全然多くの人が見てるメディアなのかもな」と思って、確かめるために


ちょっとテレビについてのデータを見てみました。

総務省|平成29年版 情報通信白書|主なメディアの利用時間と行為者率

f:id:freeagentsasori:20180819203234p:plain



1日のリアルタイム視聴時間 (2016)

10代 50代
平日 89.0分 122.9分
休日 180.6分 250.4分

ふんふん。やっぱり50代は10代よりテレビ見てないな。


50代の人は、平日で3時間、休日で4時間テレビを見ています。


なるほど。


ところがです。


10代も平日は1.5時間、休日は2時間テレビ見てるんですね。


10代はテレビなんか見てなくて、Youtubeしか見てないと思ってましたよ笑


行為者率を見ると、10代でも、6割の人は、日常的にテレビを見ているとわかります。


これ、意外じゃないですかね。


こうやってちょっとデータにあたってみるだけで、思い違いが訂正されることがありますね。


今日もさそりのブログに来てくれてありがとうございます。